大学受験・高校受験・中学受験 勉強法

高校受験・中学受験で簡単に効率よく合格するための勉強法は?

高校受験対策の勉強法

 

中学受験と異なり高校受験はほとんどの中学生が経験するものです。中学受験を経験済みだったらある程度勉強法なども身についているんですけど、本格的な受験はこれが初めてという場合にはなかなか効率良く点数を取ることができなかったりします。

 

ここでは効率良く、しかも塾などに通うことなく自宅で簡単に成績を上げられる勉強法について紹介していきます。

 

⇒  高校受験対策の勉強法

 

中学受験で失敗しないための勉強法

 

中学受験と言えどもただ漠然と学校に通い、ただ漠然と勉強時間を長くしたとしても合格できるわけがありません。むしろ、受験に失敗しない小学生というのは点数を取るためのコツを知っているので勉強漬けではなく遊びの時間も充分とっています。

 

小学校の時に身につけた受験技術や勉強法というのは、その後の高校受験や大学受験での成績にも当然直結してきます。効率的な勉強法を身につけさせるなら早い内がいいですし、身に付けるのが早ければ早いほど余裕を持ってその後の中学校生活を送ることができるでしょう。

 

⇒  中学受験で失敗しないための勉強法

 

効率よく勉強して受験に合格する方法

 

ただただ長時間勉強して頑張った気になっていませんか?周りの成績の良い人に「あまり勉強しなくても試験の点は取れる」と言われたことはないでしょうか?これって、元から頭の出来が違うから、ということではありません。ただ単に『効率の良い勉強法』を知っているかどうかの違いだけなんです。

 

逆に、長時間勉強しても成績が上がらない受験生というのは、大抵は無駄な・意味のない勉強をしています。教科書をただただ読んでいる、問題集を最初のページからひと通りやって終わりにする、模擬試験はやりっ放し、模試の成績表が返ってきても点数と偏差値と順位と判定しか見ていない・・・。

 

根本的に勉強の仕方、受験への取り組み方が間違っているんですよね。ここに書いてある勉強法を身につければ、周囲の「家で勉強?ほとんどやってないよ」というクラスの優秀なアイツが本当にほとんど勉強していなかったということがわかるでしょう。

 

⇒  効率よく勉強して受験に合格する方法

 

大学受験対策の勉強法

 

大学受験はただ勉強時間が長ければ合格できるというものではありません。一日10時間以上勉強しても受験に失敗する人は多いですし、逆にそれほど長時間勉強していなくても東大・京大や私立難関大、医学部など偏差値の高い大学にあっさり合格する受験生もいます。

 

短時間の勉強で難関大に合格する受験生と、毎日徹夜して勉強しているのに不合格になってしまう受験生とでは一体どこに差があるのでしょうか?

 

もっと偏差値を上げて難しい大学に合格したいという大学受験生は、どのような勉強法を取り入れたらいいのかを解説しています。

 

⇒  大学受験で失敗しないために必要なものは?